制作課の阪本です。
 先日2月8日、岡山ロイヤルホテルにて中小企業家同友会主催の社員共育大学終了式が行われました。
1.jpg
 サンコー印刷からは岡と阪本が1年間参加させていただきました。
 2ヶ月に1度のペースで8回行われ、基本的には経営者の方のお話を聞き、そのお話についてグループで討論し、最後に発表するという形でした。
 当然のごとく討論にはまとめる役が必要であり、発表するには発表者が必要でありますので、2回はまとめ役のグループ長と発表者に強制的になります。口ベタな私にも強制的に試練があたえられることになります。
 よくいいますよね…乗り越えられる者にしか試練はあたえられないと…
 何と阪本は4回も試練をあたえられてしまいました。それだけ私にはそのような場が必要だということですね。もったいぶらずに成長したいものです。
2.jpg
 社員共育大学では新しい物事の見方を多く教わったような気がします。よく、違う角度から見てみる、というようなことをいわれますが、その違う角度から見る方法を多く教わったと思います。
 そして様々な業種の方が集まったことによって、いろんな考えやお話がきけて、自分が小さく思えたり、全く違う考え方に驚いたりと、いろんなことが経験できました。
 自分の世界が回を重ねるごとにだんだんと広がっていくようで、とても面白かったです。
 物事に対し視野を広くもち、アンテナをはり様々なことに興味をもって、いつの日も感謝の心を忘れずに、これからも共に育つことをを喜びとして、自分の人生を豊にする努力をし続けたいと思います!
 みな様、大変お世話になりました!社員共育大学でのことは忘れません!