先日、総社市下原にある“伊予部山”に登ってきました。
登るきっかけとなったのは、『然』の中で伊予部山について記事を書いていらっしゃる枝松さんとお話をさせていただくことがあったからでした。

● 枝松さんのプロフィール  http://orumok.jp/枝松國明/

『然』は、サンコー印刷で創刊号から制作のお手伝いをさせていただいている《総社の地域誌》です。

然26号表紙最新号の然

枝松さんは、今春号(26号・『伊与部山トレッキング』)と昨春号(24号『伊与部山文学碑』)で伊予部山について詳しく書かれています。

私は、通勤時に伊与部山史跡公園前を通ってくるのですが、一度も登ったことはなく、良い機会だと思い登ってみました。

登り口にある碑

登っていく途中、所々に文学碑・詩碑が立っていて、中には弊社をよく利用してくださるなんば・みちこさん(詩人)の詩碑もあります。

点在している詩碑


なんば・みちこさんの詩碑

登るのは意外としんどかったですが、頂上からの見晴らしは気持ちよかったです。今度は違う季節に登ってみようと思いました。


頂上から望む総社市久代・秦方面


頂上から望む総社市清音方面

その後、すぐ近くに現在建設中の『新総社大橋』の様子も見てきました。

完成が待ち遠しい『新総社大橋』

● 然に関しては、https://sites.google.com/site/soujazen/home を参照ください。
「然」は次の店で購入できます。
荒木書店(総社市)、河原書店(リブ21)、喜久屋書店(イオンモール倉敷)
吉備路観光案内センター(サンロード吉備路横)、宮脇書店(総社市)、わらじの店(国分寺横)