専務の三村です。
9月8日(木) 岡山ロイヤルホテルに於いて開催された、
「岡山県中小企業家同友会の岡山支部例会」に出席しました。
今回は東日本大震災からの復興に取り組まれている岩手同友会代表理事の村松幸雄氏(信幸プロテック代表取締役)が来岡され、報告してくださいました。

講演をされる村松幸雄氏
最初に岩手の現状をスライドで上演されましたが、正直声が出ませんでした。
村松代表理事の報告は本当に生々しく、被災者のほとんどの方の死因が溺死ではなく家を流すほどの強力な水圧による圧迫が原因であったということなど現地でなければわからないことが多くありました。
報告の後、グループ討論に移りました。
普段は経営者としての議論が大半なのですが、今回は今の私たちに何ができるかなど人としての生き方が大半を占めたように思います。
私は村松代表の仰った、
「お金や物資もありがたい。しかし一番望むのは今の岩手の現状をご自分の目で見てそれを覚えておいていただきたい」
という言葉が強く胸に残りました。
災害とはほとんど無縁の岡山に生まれ育った自分の悩み。そして、今復興に向けて一生懸命立て直そうと努力されている被災地の方々の苦労。昨晩はなかなか眠れませんでした。
がんばろう日本! がんばろう東北!
下の写真は例会の様子です。